生まれて初めての内視鏡検査


 このところ、よく眠れる日が続いています。寝ても寝ても寝たりないってなくらいにカーカークークー。
だけど、いつだったか、出勤日と間違えて滅茶苦茶焦ってから、以来、目が覚めるとはっとして「今日って何曜日だっけ? 仕事は?」と必ず思う。ボケてますねぇ。
来月は形成外科の手術で一週間ほど入院することになってますが、前回の入院の時は眠れなくて困ったけど、今回は思いっきり寝れるだろうな。(笑)
ご飯も余分に食べることないから、寝てばかりでも太ることはないだろうし。いっぱい寝て目の下のクマちゃんが消えてくれるといいんだけど。

 先月の健康診断で「要 胃カメラ検査」との診断に。
先週、生まれて初めてその、胃カメラなるものを飲んだ。
といっても、本人の自覚など全くないままに、気づいたら全て終わってたわけですが。
『前日は9時前までに夕食を済ませ、以降、固形物の食事は禁止。アルコールは絶対禁止。飲料はお茶と名のつくものとポカリスエット的なもののみ当日朝も可』という指示に、いつもより少し早めにとった夕食。その後はお腹が空くこともなかったけれど、困ったのはやはしアルコール。
寝る前にはいつも、いいちこのグレープフルーツジュース割を飲むのが常習化しているので、やっぱり飲めないというのはちょっと、ねぇ。
いいじゃん、いいじゃん、バリウムの時だっていつも普通に平気で飲んでんじゃん。
そうお?、そうだよね~、バリウムだって胃カメラだって大してかわんないしょ。んじゃ、今夜もいつも通りにいっちゃいますか、とついコップに氷を入れたくなったけど。
だけど、胃カメラは初めてで様子がわかんないしなぁ。検査中に気持ちが悪くなって吐いたら迷惑になるし、と素直に大人しく断念。
その夜は涼しかったこともあって、寝酒なくてもやっぱりグースカ寝れました。

 検査予約のクリニック。名前を呼ばれ、カーテンで仕切られた小さな空間で
まず、こちらを飲んでくださいね、と差し出されたのはおちょこみたいな小さな器に入った、胃の中をきれいにするという少しドロッとした薬。
次は小さめのコップにやっぱりドロッとした透明の液体。
「今度はこれを3分間口に含んだ後、飲み込んでください。ちょっと飲みにくいかもしれないので、飲めなかったらこちらに吐き出しても構いませんからね。」
と3分間セットされたタイマーと吐き出し容器を渡される。口中や咽喉をマヒさせるという麻酔薬だけあって、唇やら歯肉のあたりやら、なんか膨張していくみたいな感覚。
べつに上を向けとも言われなかったんだけど、咽喉のあたりにしっかり効いてないと困るんじゃないかと思って、時折顔を上向きにしてしたりして。
3分間、そんなに長く含んでいられるかなぁ?、とも思ったけど、意外にもさして苦にもならず、ピピッと鳴ったタイマーに合わせ、こちらもそのまま普通にごくんと飲み込めた。
 それから案内された検査室。ベッドに横になると、先生が
「カメラのホースの太さはこのぐらいですよ。一見、ずいぶん太そうに見えるかもしれませんが、飲み込むのには意外にそんなに大したことはないんです」なんて説明してくれる。
麻酔の注射しますね、ちょっと痛いかもしれません、と前置きのあった注射は確かにぐぐっと薬の入ってくる感覚がわかって少々痛かったものの、すぐにそれも感じない。
途中気持ち悪くなったらこちらに吐いて、つばきもだらだら垂らしてって下さいねー、
なんて言われて、えーっ、そんな姿さらすんかい、と思ったのもつかの間。
では、マウスピース入れましょう、あー、きれいですねー、という声の記憶はあるものの。

 気づいたら、最初に麻酔剤を飲んだ部屋で寝てた。知らない間に終わってた。
あれ、私、寝ちゃってたんだ。さっきの椅子と違うから検査室からベッドのまま、運んできてくれたのかな。
時計を見れば一時間が過ぎており、ぼーっとした頭、なんとなく身体のあちこちがきしむ感じは術後に麻酔から覚めた時と似たような感覚。これじゃあ、来月はもっと痛むよなぁ。
 それから一時間ほどして、気分はいかがですか?、と看護師さんが来てくれた。
「私、寝ちゃってたんですね」
「そうですね、大体の方が寝られますよ。お薬のせいですね」
もう大丈夫なようですね、では、気分が悪くないようであれば待合室でお待ちください、ということで待合室に移動。1時を過ぎてもなお、待合室にはけっこうな数の患者さん。
それも一人減り、二人減りしていき、最後に残った私が呼ばれたのは2時過ぎ。
 すでにクリップされていた4枚の写真を提示され、
「ここはドコソコできれいですね」
「こちらもドコソコの部分できれいです」
「こちらですが、ここは十二指腸と胃になるんだけど、普通は境目がもっとはっきりしてきれいにわかるんですが、これだと波打っていてわからないですね。おそらくそれで再検の指示が出たんだと思います。でも、大丈夫ですよ」
「あと、ここがちょっとふくらんでるのがわかりますね。ポリープが出来てるんですが、大丈夫と思いますが、一応、生検で大学病院に依頼しますね」
 2週間ほどで結果がわかるので、その頃、顔を見せてください。もし、急ぐ場合はこちらから連絡します。ということで再検終了。
 午後の診療は3時からだというのに、私の会計が終わったのは2時半を回ってた。先生も看護師さんも事務員さんもお昼を食べて休憩とる時間あるんだろうか。もしかしたら、患者の側の方がよっぽど健康的な生活を送ってるかもしれない。
 
 大丈夫、って言ってたから大丈夫なんだろうな、と思いつつ。
 がんとか病気になることは仕方ないとは思ってる。いろいろ思ったところで結果は変えられないし。
だけど、やっぱり、病気の症状はもちろん、抗がん剤や化学療法の副作用を思うとこわい
薬の影響でなんとも言えなく気分が悪くなったりはどれほど苦しいことなのか。エンビロンやトランサミンのおかげでせっかくきれいになったシミや肝斑がまた出てくるのは絶対にイヤだし、髪の毛や眉、睫毛が抜けるのもツラい。川島直美の激やせぶりに驚がくしたけど、それほどまでに痩せたり、逆にどうにもならない体重増加もキビシイ。体温調節がきかなくて、一日の中で33度~38度をいったりきたりの知人もいる。
あまり考えないようにしてるけど、ちょっと思うだけでもがんの転移や再発、本当にこわい。
 そして、先週の台風被害も。
中には私みたいに病院で検査予約をしてた人もあっただろうし、出産直前の人もいたかもしれない。がんはもちろん、難病治療をしてる人、手術前の人もいたのかも。
10人いれば10人の、100人いれば100人の、そして、もちろん、それ以上の人達のそれぞれの生活とそれぞれの事情とそれぞれの予定があっただろう。
家族のこと、ペットのこと、仕事の事、学校の事。
 いろんなことを思えば思うほど、平穏な日々を過ごせるということはどれほど有り難いことなのか。
そういえば、「ありがとう」の源の言葉は「ありがたし」。人の力では出来ない事、成就しにくいことがなされた時、「有り得ない事」(が起きた)というので「ありがたし」と言った、というのをつい最近になって知りました。


e0325811_00174377.jpg

検査の前の日にいただいたお昼
後から出てきたお味噌汁の写真撮るのはうっかり

e0325811_00174334.jpg







[PR]
by izumi_h23 | 2015-09-17 00:16 | 日常 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


とあるアラフィフのグータラ日誌。 たまに部分切除して二カ月後に全摘、その一年後、自家再建した乳がんのこととかも。


by izumi_izumo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
日常
家族
お片づけ
乳房再建(腹直筋皮弁術)
乳房再建
乳がん 全摘
乳がん 温存⇒全摘
着物
乳がん
理容美容
記念日
伊勢神宮 お白石持ち行事
地域活動
め組の人
画像集

最新の記事

睫毛美容液その後と母屋の引っ越し
at 2015-11-08 22:18
近況
at 2015-10-11 00:54
術前診察
at 2015-09-20 01:52
生まれて初めての内視鏡検査
at 2015-09-17 00:16
今月末で閉店します
at 2015-09-15 22:48

最新のコメント

naoko1192様、こ..
by izumi_h23 at 00:03
新しいブログのご報告あり..
by naoko1192 at 20:13
タマリン様、こんばんは。..
by izumi_h23 at 21:55
こんばんは! 大筋はわ..
by ta-marines430 at 17:39
nousagi様、こんば..
by izumi_h23 at 23:15

記事ランキング

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

50代
ブログ

ブログパーツ

ファン

その他のジャンル