手術結果(病理診断)

さ今日は乳腺外科の受診日。

全摘手術から早やひと月が過ぎ、その後、初めての乳腺外科です。
うっかりして充電器にスマホを置いたまま出てきてしまったのに後になって気づいたものの、戻るにはけっこうな距離をすでに来てしまっていたのでそのまま向かいました。

11日に退院してから形成外科の受診もあったので(乳腺外科は形成外科のすぐ近く)久しぶりの感もない受付で「こちらに記入をすませてください」と渡されたアンケート用紙みたいなの。
最近、気になる症状、不安なこと、医療者に相談したいこと、なんてな記入項目があったのですが、先日の形成外科でけっこう聞いてもらえてたので特になし。でも、無記入で出すのもさびしい気がしたので、
健側の胸が小さくなった気がする、
とだけ正直に書きました(やっぱ、こだわっちゃうんだよね)笑。

その時はあまり周りに患者さんがいなかったので、もしかしていつもよりは早く診てもらえるのかなぁ?、なんて淡い期待を抱きつつも院内に設置されている図書室へ行って乳房再建の本を2冊借りてきました。返却日は2週間後、次に形成外科に来るときで十分間に合います。

e0325811_1433838.jpg


ピンクの「乳房再建のすべて」という本の発行は去年。先月の術前説明のときに順番を待っている間に読んだものの、あの頃とはだいぶ気持ちが違っているのでもう一度借りてみました。
白い方の「乳房再建ここまでできる」という本は8年前に出されたもの。
読んでいるうちに気づいたのですが、ピンクの本はどちらかというと自家再建寄り、白い本はインプラント推奨な感じでしょうか。でも、こちらの本を書かれているのは女医さんなので、気持ち的に添えるところがたくさんあります。

自分が行った時は「3人待ち」だった表示が予約の1時間半後に呼ばれたときには「8人待ち」になってたかしら。

「病理の結果は前回と特にかわりません。やっぱり周りに少しがんがあったので、今回の手術は無駄にはならなかった、ということで」
なんてな言い方をされ、ではどのあたりまで広がってたのか、範囲はどの程度だったのか、と思いつつも、それを改めて聞いたところですでに自分の胸がなくなってしまったことの結果はかわらないもの、あえて聞きもせず。
説明の際にPCの画面にひからびたような乳頭と乳輪のついた検体画像が出てきたときに、つい、
「え、あや、それ、あ」なんてな声を発してしまい、
「あら、すみません、これは失礼しました」なんて先生はすぐに隠してしまったけど。丸くて愛おしい私のおっぱいもこんなふうに切って取られればただの肉塊。。。

受診前に済ませた血液検査の結果も問題なし。アンケート用紙を見て
「ここに書いてある、胸が小さくなった気がする、っていうのは比較の対象がないからわかりませんね」の一言であっさり終了。
私も、形成の先生がタスオミンの副作用もあるみたいなこと言ってましたけど、なんてなことを発して騒動の一端になってもいやなので、はぁ、と黙って静かにやり過ごす。

このところ話題のアンジョリーナ・ジョリーの乳がん予防の全摘手術のことについて聞いてみようかと思いもしたものの、相変わらずそっけないし忙しそうなのでそれもなし。

次の受診予約の際に
「では、前回の手術から半年後になる8月の水曜日で」
「え、金曜日じゃないんですか? 私、これまでずっと金曜日だったから、金曜休みにしてもらったんですけど」
「ううん、術後の人は水曜日で、金曜日は術前の人だから。それに金曜日は休診することもあるんで、特に定期的な検査とかは先の予約になるので水曜日でないと。でも、8月は16日はやってるから16日でよければ」
公立の病院てお盆休みってないんだっけ? お医者さんは本当に大変。。
「はい。8月のあとは、いいですよ、先生。その次からはもう半年とか一年後なんですよね? そしたら水曜日でも大丈夫です」
なんてやりとりになってしまったんですけど。でも、先生、私、術前術後で診察の曜日が変わるなんて知らなかったよ。今日も金曜日だし。退院の時にでも教えてもらえてたらよかったのに。

診察前のアンケート用紙配付も初めてだったけど、主治医の診察後、
「では、手術の痕を別の部屋でこちらの先生に診てもらってください」
と言われたのも初めて。あまりの混雑ぶりにシステムがかわったのか、それとも、自分がたまたま遭遇しなかっただけで今までもそうだったのかしら?

その先生の顔は入院中、主治医の回診にいつもついてきてたのでよく見ていたものの、
「そのまま下着を上げて見せてください。
あー、大丈夫ですね、きれいになってますねー。でも、ちょっと湿疹みたいなのができてますね」
「そうなんです、つい最近出始めたんですけど。かゆみとか全然ないんですけど、なんかちょっと出てきちゃって」
「皮膚がどうしても薄くなって敏感になってますからねー、刺激を受けやすいんですね。もうちょっとひどくなるようだったら、多分、これから形成の受診のときに軟膏を処方されるんじゃないかと思います」
と、話をしたのは初めてだったが、まぁ、話しやすい人ではありました。というか、普通に、話しやすかったです。
聞かれもしなかったのに、温存手術について自分はすごく甘くとらえていたこと、形がかわることの認識が全く足りてなかったこと、大泣きして決めた全摘はものすごくつらくて哀しいことだったが、結果的に思えば再建につながり、今はそれでよかったと思えていること、などなどつい話してしまい、図書館で借りてきた本に載ってた気の毒な部分切除の症例の写真まで開いて見せてしまったし。

ふっくら体型の女医さんで話しやすいのはいいんだけど、でも、先生、自分たちのことを「うちら」とか連発するのはどうかと思うよ。笑
主治医先生は必ず「われわれ」と言いますもん。

主治医先生がくれた診療計画表によれば、今後、がんセンターでは血液検査とともに超音波とマンモグラフィ―を半年ごとに交代で撮っていくようで、地域連携診療でもその合間に受診して血液検査していくらしいが、これについては説明がなかったし、必要があれば、なんてな書き方になっているので、次回また聞いてみなければ。

しかし、とりあえず今後もう、自分にとって、劇的な告知、というのはないような気がします。って言うか、ない、きっと。
でも、がんセンターにはまだまだお世話になります。

読んでくださってありがとうございます!
↓ 参加中です。よろしかったら、さらっと一票いただけるといっそう嬉しいです056.gif
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by izumi_h23 | 2013-06-01 01:48 | 乳がん | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


とあるアラフィフのグータラ日誌。 たまに部分切除して二カ月後に全摘、その一年後、自家再建した乳がんのこととかも。


by izumi_izumo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
日常
家族
お片づけ
乳房再建(腹直筋皮弁術)
乳房再建
乳がん 全摘
乳がん 温存⇒全摘
着物
乳がん
理容美容
記念日
伊勢神宮 お白石持ち行事
地域活動
め組の人
画像集

最新の記事

睫毛美容液その後と母屋の引っ越し
at 2015-11-08 22:18
近況
at 2015-10-11 00:54
術前診察
at 2015-09-20 01:52
生まれて初めての内視鏡検査
at 2015-09-17 00:16
今月末で閉店します
at 2015-09-15 22:48

最新のコメント

naoko1192様、こ..
by izumi_h23 at 00:03
新しいブログのご報告あり..
by naoko1192 at 20:13
タマリン様、こんばんは。..
by izumi_h23 at 21:55
こんばんは! 大筋はわ..
by ta-marines430 at 17:39
nousagi様、こんば..
by izumi_h23 at 23:15

記事ランキング

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

50代
ブログ

ブログパーツ

ファン

その他のジャンル