睫毛美容液その後と母屋の引っ越し


 11月に入ってもう一週間が過ぎてしまって。すっかりご無沙汰しています。

 前に、まつ毛美容液に緑内障の目薬を試用してみます、なんてなことを書いたことがあったけど。
緑内障患者ではない自分は、ネット検索して個人輸入のを購入。
サイトにあった購入者の口コミを見ていると、使い方によってはどうも目のあたりがくぼむらしく、目元がにはっきりしていい、というのと「まつ毛は長くなったけど、かなり落ちくぼんでしまってアンチエイジングのしようがない」みたいなのもあったので、注意に注意を重ねて使ってみた。
別売りのハケも購入して(でも、サービスで何本か付いてたので、洗って使えば十分足りると思う)、最初はペットボトルのふた(内側に余分な線がない、アサヒ飲料の)に一、二滴落としてはハケに少しずつ浸して、上下まつ毛の根元と全体に塗る、といった感じでやってたんだけど、今は直接ハケに落として塗る、という感じかな。とにかく目に入らないように、他の部分にはつかないように気をつけて。それでも、たまに入ってしみてしまうこともありますが。
 感想として、まつ毛の養毛効果は絶対にあると思います。
私は目の周りのメイク落ちがはげしくてすぐにパンダになってしまうので、特に目の下部分には絶対にラインを入れられないのですが、アイラインなしでもはっきりしてきて、下のまつ毛も確実に伸びてると思います。上側はよくわからないけど。(^^ゞ
だけど、使う前と使った後のまつ毛パーマ後の写真を撮って見比べてみての違いは不明…。ダハハ
でも、目の下ラインが濃くなってるのは確かなので、今後も薬剤がある限りは続けてみようと思います。
そうそう。たまに二重の線の間隔が変になってしまうことがあるけど、歳(老化)のせいか目薬のせいかはわからない。 
e0325811_22202797.jpg
緑内障の目薬とお手入れキット(笑)
全部で2,300円くらい?だったかな?

e0325811_22202710.jpg

こちらはまだ試してないですが、アイライナー(左)を買ったら、
抽選で当たって新発売の睫毛美容液をいただきました
まぶた全体につけるとハリが出てまつ毛も伸びるらしい



 さて、2年半ほど続けてきた、このブログ。
「なみちらし」のタイトルには日常のありふれた思いを散らしたい、「並ちらし(寿司)」、「波散らし」の意を込めてました。
 だけど、時間が経つにつれ、だんだんとそれが難しくなってきてしまって。
っても、読み返せば、もとから変に気取って書いてるところもあるわね。こっぱずかしい。(笑)
 普通に公開してるので、読まれた方の感想はそれぞれあって当然で、それをとやかく言うつもりも全くないです。
でも、もしかしたら、中には自分の意図するところとは全く違ってとらえられてることもあるかも?(人間性を疑う、というコメントをいただいたこともあり)
そんなことを意識するようになったら、なんとなく、ブログを始めるきっかけの乳がんや再建のことについては特に言葉に詰まるようになっちゃった。
だけど、そのことはやっぱりこれからも書いていきたいし、再建についてはなお、実体験から誰かの役に立てたらもっと嬉しい。
そして、そうしたことも含め、カッコつけないで気負いなく存分に思うこと書きたい、ということで、エキサイトとは別に改めてブログを始めてみて。
今はそちらで更新を続けています。エキサイトは初心者にもわかりやすくて、とても使い勝手のいいサイトだったのですけれども。
「なみちらし」の訪問者数は今日まででなんと17万以上。そんなにたくさんの方が見て下さってるなんて!本当にありがたい限りです。
休止中の今でも「床屋での顔そり」や「乳がん」「乳房再建」等で検索して訪れて下さってる方がいらっしゃり、お役に立てていることがあるでしょうか、ブログを書いてた甲斐があるというもの、ありがとうございます。
 fc2の方に母屋を移したこれからも、もしよろしければ、御面倒ですがそちらにも訪問いただけましたら、ありがたく思います。
ひとまずここでご挨拶させていただきます。
これまで本当にありがとうございました。

nousagi様  体調不良でも全力投球で一日が25時間だったらいいのにね? フルマラソン、頑張ってください。

タマリン様  いつもご心配ありがとうございました。夫婦はお互い様、仲良く過ごされますよう。

小麦のおかーさんのなおポン様  HNの数字にシビレテマス。唐草模様のほっかむりを期待して楽しみに待ってま~す。

sora様  リンク元にsoraさんを見つけるととってもとっても嬉しい!! ずっと応援しています!!

がちゃぴん秀子様  いつも「イイネ」をありがとうございます。秀子さんの声が聞こえるようでした。

ヤマネ様  不眠症から一日も早く解放されるといいですね。お体もお花ちゃん達も、どうか大事になさってください。

mint様  11月になりましたね。新しいブログはコメント開設してないのですが、よろしかったら拍手ページからでも、もちろん、こちらの鍵コメからでもコンタクトいただけますです~。

麻花様  いつもありがとうございます。これからもよろしくです!

[PR]
# by izumi_h23 | 2015-11-08 22:18 | 日常 | Comments(9)

近況

 先日の内視鏡検査は異常なし。といきなりですが。
クリニックに予約を入れたその日、仕事を終えてそこらでふらふらしてちょっと時間つぶし。
お昼のつもりで寄ったラーメン屋さんでは注文したラーメンの上に練ニンニク(多分)がのっかってるのにびっくり!
慌てて頼んだ小皿はなぜか小どんぶりになって出てきたけど、申し訳ないけど急いですくう。注文時に入れないでほしいと頼むべきだったのに、うっかりしてた。
食後、そちらのトイレには寄れなかったので(ちと汚かったの)、近くにあったスーパーのお手洗いでせっせと歯磨きさせてもらってからミンティアを数粒含んで向かいました。
 いつも混んでるところなので、今回も呼んでもらえたのは予約時間から30分以上過ぎてから。
検査の時に撮った写真と大学病院からの結果を照合しながら、ここは異常なし、ここも大丈夫、胃炎の痕とピロリ菌がありましたが心配ないです、ということで終了。
「でも、一年に一回くらいは診ておいた方がいいですね」なんて言われて
「そうですね。バリウムよりはラクでしたし」と答えると意外そうな顔をされたので、
「だって、寝てる間に終わっちゃいましたから。知らない間に終わってて、全然苦しくなくて。バリウムよりずっとよかったです」
「ああ、そうでしたね。でも、あの時に使った薬は麻酔薬じゃなくてリラックス効果の薬なんですよ。今日は3人胃カメラ検査をしましたが、3人ともしっかりモニター見てましたから個人差があるんでしょうね。寝不足とか疲れもあったんでしょうかね」
そうだったんだ。あの時、検査に入ってすぐに寝てしまったけど、目が覚めた時はさすがにだるかった。全麻から起きた時と似たような感覚で、次の手術のときはどうなんだろうと思ったっけ。
 心配はしてなかったものの、結果オーライにやっぱりほっとして、よかったと思う。

e0325811_00553175.jpg

ニンニクよ、何処?


e0325811_00553018.jpg

翌日、出かけ帰りにいただいた親子丼
玉子もご飯も熱くて熱くて口の中を火傷してしまいました


 このところ、しばらくブログをお休みして何してたかというとやっぱり何もしていない。
というか、去年も今時分を見てみれば「24」に夢中になっていてDVDをレンタルしまくり。で、今回はひたすらゲーム。スマホでピアノを弾いたり、ギターを弾いたり、ぷよぷよ的なただひたすら色合わせで積み木崩しみたいな感じのとか。これは似たようなアプリを4つも入れて順にやってったりして。だけど、熱しやすく冷めやすいのが性分なので、今は「Juice Jam」というのだけ。
自分が出来るゲームは生産性のない頭の体操みたいなものなので、飽きるまでは、という感じですが。

 そんな中、世間はいろんなニュースが続いて、ようやくの安保法案可決によかったよかった。ネットでは『憲法9条さえあれば戦争が起きない!ってさぁ、交差点に信号が有れば事故は起きない!と同じぐらいアタマ悪いよね』という小学生の会話が話題になってましたが、全くもってその通りですわ。だけど、国会議場で強姦まがいの事件を起こした津田という民主党議員が処分されないのはなぜなのか?
TPPは安保上仕方なかったんだろうけど、ISDやラチェット条項はどうなったんだろ。今後、国内農業はどうなっていくのかも心配になる。地産地消派の自分は多少割高でも安心安全な国産を選びますが。
ラグビー日本代表の活躍ぶりに驚嘆し、今年も理化学、そして、生理学の分野でのノーベル賞受賞は自分みたいな取るに足らない存在であっても、同じ日本人であることがどれだけ誇らしいことか。
だけど、わずかの間にこれだけ大きなニュースがたび重なったことってこれまであったのかしらん。
真央ちゃんの復帰戦も素晴らしかったしね。
福山雅治氏の結婚はファンでない自分でも、この人でも結婚するんだ、なんてちょっとびっくりしたりしたけど、他にも芸能人の結婚の話題が相次いで、このところ結婚率が下がってるとかいうけど、そうしたことがいい刺激になるといいと思う。
川島なお美の激やせぶりには正直、そんなに長くないんだろうな、と思ってたけど、最後の最期まで絶対のプロ意識を保ったことは本当に立派。亡くなった翌日あたりだったか、たまたまテレビをつけたら追悼番組で「徹子の部屋」に出演したときのが流れてて、「自分は病気のことは騒がれたくなかったし誰にも言いたくなかったのに、なんでマスコミにバレちゃったのか、不思議でしようがなかった。後になって、今はこうしていられるけど実はこんな大変なこともあったけど乗り越えてきたの、と笑って話したかった」みたいなことも言っていて、以前はなんとなく目立ちたがりみたいな感じにおもえてた彼女に対する見方が変わった気がした。あっぱれ、本当にあっぱれです。

 さっきから雨が降り始めました。
まだまだ元気に咲いてくれてる日日草もあるけれど、園芸店ではシクラメンやパンジーも目立ち始め、日もすっかり短くなって流れていく季節に便乗して、ブログもまたちょっとお休みいただきますわん。

e0325811_00553050.jpg

[PR]
# by izumi_h23 | 2015-10-11 00:54 | 日常 | Comments(2)

術前診察

 秋の日はつるべ落としと言うけれど、今日あたり夕方6時は完全に薄暗い。
ついこの間までいつもと変わりなかった河川敷が今週初めに通ったら、彼岸花で真っ赤になってるし。
秋だなぁ、なんて思ってるうちに今年ももうあと3か月ちょいだなんて、もうほんと、今年もあっという間に過ぎていく。そして、自分がアラフィフなどと言えるのも、あと1年そこらになってしまった。

 昨日は久しぶりの形成外科受診。前回、5月に診ていただいた時に「10月に再手術しましょう」ということで、今回は術前の確認診察と検査。
 担当の先生が異動されてからは月に一度の割で他県から見えられる先生にお世話になっており、予約時間を1時間ほど過ぎたところで診察室に入ると見知らぬ先生がおられ、
「こちらが前先生の後任のシロタ先生です」と月一先生よりご紹介。
「シロタです。よろしくお願いします」なんて私みたいな一患者にまで律儀に丁寧にご挨拶下さった先生は、外見的には普通に医者らしい医者、という印象。
髪の感じは後頭部がちょこっとではありましたが、だけど、おそらく多分きっと40歳前後くらいか。はぁ、こうしてまた自分よりもますますお若い方にご厄介になっていくのね…。
「ここがこうだから、こんなふうにこうしてああして、この部分は健側から、この部分は鼠蹊部から」
「大事なのはこの部分の保護で」
なんてな説明を受けたところで「はぁ、そうなんですね。わかりました。そのようにお願いいたします」みたいな感覚。今回はもう、自分が選んで決めて、なんてことはないから、ただとにかく先生さまの技術と知識におすがりするしかない。
「入院は一週間ほど、その後は一週間くらいの休養でいつも通りの生活を送って構わないです」
そうなんだ。でも、前回は傷が膿んじゃって入院が長引いちゃったし、その前も伸びたし、勤め先にはとりあえず三週間くらい休みをお願いしようか。なんて思いながら。実は執刀医が気になって仕方ない。だって、私、月一先生が診てくれるからってことでお願いしたわけで。申し訳ないけど他の先生だったら、前先生の病院に行ってるし。だけど、今、まさかこの場で、先生に手術していただけるんですよね?、なんて念押しみたいなことできないし。などなど思ってたら、月一先生の方から
「手術は僕とシロタ先生と2人でします」
って言って下さり、ほっとした。前先生の異動を聞いてショックでグズグズしてたことが伝わってたのかもしれない。
「今日はこの後、術前検査を受けてってもらって、終わったら手術の同意書をお渡しするので戻ってきてください」
「手術日も決まって、帰りに入院手続きをしていただきますが、ただ、まれになんですが、病院のシステムの関係でどうしても手術室がとれないことがあるんです。形成外科で取れる分は2年先まで取ってしまってあるので、あとは他の科の分で手術室を使わせてもらうことになるんです。それで、もしかしたら、他科の空きがなければ手術日が伸びてしまうことになるので、申し訳ないけれど仕事の都合やいろいろあると思いますけれど、それだけは承知しておいてください」とのこと。
 後で聞いたら、まさに今月がそうだったんだそうで、おそらく昨日の午後に手術予定だった方は再来月?もっと先?まで延期。ってことは、自分も来月出来なかったら来年になるかもで、なんだかため息が出そうになる。
でも、急ぐ人が優先に決まってるし、自分が伸びたとしてもそれで他の患者さんの迷惑をかけずに済むのなら。だけどやっぱり、今月の方は本当にお気の毒。楽しみにしてただろうにな…。


e0325811_01532698.jpg

待ち時間に院内庭園でふらふら
真ん中のききょうに虫がおじゃましてますね、後で気づきました

e0325811_01532849.jpg

左下の鯉、模様の赤がとっても鮮やかですた

e0325811_01533195.jpg

検査後にいただいたお昼
親子丼ぽいけど、「鶏の照り焼き丼」だっけな?
この日に読み終わった、百田さんの「大放言」
内容に賛同、終始うなづいてた



[PR]
# by izumi_h23 | 2015-09-20 01:52 | 乳房再建 | Comments(0)

生まれて初めての内視鏡検査


 このところ、よく眠れる日が続いています。寝ても寝ても寝たりないってなくらいにカーカークークー。
だけど、いつだったか、出勤日と間違えて滅茶苦茶焦ってから、以来、目が覚めるとはっとして「今日って何曜日だっけ? 仕事は?」と必ず思う。ボケてますねぇ。
来月は形成外科の手術で一週間ほど入院することになってますが、前回の入院の時は眠れなくて困ったけど、今回は思いっきり寝れるだろうな。(笑)
ご飯も余分に食べることないから、寝てばかりでも太ることはないだろうし。いっぱい寝て目の下のクマちゃんが消えてくれるといいんだけど。

 先月の健康診断で「要 胃カメラ検査」との診断に。
先週、生まれて初めてその、胃カメラなるものを飲んだ。
といっても、本人の自覚など全くないままに、気づいたら全て終わってたわけですが。
『前日は9時前までに夕食を済ませ、以降、固形物の食事は禁止。アルコールは絶対禁止。飲料はお茶と名のつくものとポカリスエット的なもののみ当日朝も可』という指示に、いつもより少し早めにとった夕食。その後はお腹が空くこともなかったけれど、困ったのはやはしアルコール。
寝る前にはいつも、いいちこのグレープフルーツジュース割を飲むのが常習化しているので、やっぱり飲めないというのはちょっと、ねぇ。
いいじゃん、いいじゃん、バリウムの時だっていつも普通に平気で飲んでんじゃん。
そうお?、そうだよね~、バリウムだって胃カメラだって大してかわんないしょ。んじゃ、今夜もいつも通りにいっちゃいますか、とついコップに氷を入れたくなったけど。
だけど、胃カメラは初めてで様子がわかんないしなぁ。検査中に気持ちが悪くなって吐いたら迷惑になるし、と素直に大人しく断念。
その夜は涼しかったこともあって、寝酒なくてもやっぱりグースカ寝れました。

 検査予約のクリニック。名前を呼ばれ、カーテンで仕切られた小さな空間で
まず、こちらを飲んでくださいね、と差し出されたのはおちょこみたいな小さな器に入った、胃の中をきれいにするという少しドロッとした薬。
次は小さめのコップにやっぱりドロッとした透明の液体。
「今度はこれを3分間口に含んだ後、飲み込んでください。ちょっと飲みにくいかもしれないので、飲めなかったらこちらに吐き出しても構いませんからね。」
と3分間セットされたタイマーと吐き出し容器を渡される。口中や咽喉をマヒさせるという麻酔薬だけあって、唇やら歯肉のあたりやら、なんか膨張していくみたいな感覚。
べつに上を向けとも言われなかったんだけど、咽喉のあたりにしっかり効いてないと困るんじゃないかと思って、時折顔を上向きにしてしたりして。
3分間、そんなに長く含んでいられるかなぁ?、とも思ったけど、意外にもさして苦にもならず、ピピッと鳴ったタイマーに合わせ、こちらもそのまま普通にごくんと飲み込めた。
 それから案内された検査室。ベッドに横になると、先生が
「カメラのホースの太さはこのぐらいですよ。一見、ずいぶん太そうに見えるかもしれませんが、飲み込むのには意外にそんなに大したことはないんです」なんて説明してくれる。
麻酔の注射しますね、ちょっと痛いかもしれません、と前置きのあった注射は確かにぐぐっと薬の入ってくる感覚がわかって少々痛かったものの、すぐにそれも感じない。
途中気持ち悪くなったらこちらに吐いて、つばきもだらだら垂らしてって下さいねー、
なんて言われて、えーっ、そんな姿さらすんかい、と思ったのもつかの間。
では、マウスピース入れましょう、あー、きれいですねー、という声の記憶はあるものの。

 気づいたら、最初に麻酔剤を飲んだ部屋で寝てた。知らない間に終わってた。
あれ、私、寝ちゃってたんだ。さっきの椅子と違うから検査室からベッドのまま、運んできてくれたのかな。
時計を見れば一時間が過ぎており、ぼーっとした頭、なんとなく身体のあちこちがきしむ感じは術後に麻酔から覚めた時と似たような感覚。これじゃあ、来月はもっと痛むよなぁ。
 それから一時間ほどして、気分はいかがですか?、と看護師さんが来てくれた。
「私、寝ちゃってたんですね」
「そうですね、大体の方が寝られますよ。お薬のせいですね」
もう大丈夫なようですね、では、気分が悪くないようであれば待合室でお待ちください、ということで待合室に移動。1時を過ぎてもなお、待合室にはけっこうな数の患者さん。
それも一人減り、二人減りしていき、最後に残った私が呼ばれたのは2時過ぎ。
 すでにクリップされていた4枚の写真を提示され、
「ここはドコソコできれいですね」
「こちらもドコソコの部分できれいです」
「こちらですが、ここは十二指腸と胃になるんだけど、普通は境目がもっとはっきりしてきれいにわかるんですが、これだと波打っていてわからないですね。おそらくそれで再検の指示が出たんだと思います。でも、大丈夫ですよ」
「あと、ここがちょっとふくらんでるのがわかりますね。ポリープが出来てるんですが、大丈夫と思いますが、一応、生検で大学病院に依頼しますね」
 2週間ほどで結果がわかるので、その頃、顔を見せてください。もし、急ぐ場合はこちらから連絡します。ということで再検終了。
 午後の診療は3時からだというのに、私の会計が終わったのは2時半を回ってた。先生も看護師さんも事務員さんもお昼を食べて休憩とる時間あるんだろうか。もしかしたら、患者の側の方がよっぽど健康的な生活を送ってるかもしれない。
 
 大丈夫、って言ってたから大丈夫なんだろうな、と思いつつ。
 がんとか病気になることは仕方ないとは思ってる。いろいろ思ったところで結果は変えられないし。
だけど、やっぱり、病気の症状はもちろん、抗がん剤や化学療法の副作用を思うとこわい
薬の影響でなんとも言えなく気分が悪くなったりはどれほど苦しいことなのか。エンビロンやトランサミンのおかげでせっかくきれいになったシミや肝斑がまた出てくるのは絶対にイヤだし、髪の毛や眉、睫毛が抜けるのもツラい。川島直美の激やせぶりに驚がくしたけど、それほどまでに痩せたり、逆にどうにもならない体重増加もキビシイ。体温調節がきかなくて、一日の中で33度~38度をいったりきたりの知人もいる。
あまり考えないようにしてるけど、ちょっと思うだけでもがんの転移や再発、本当にこわい。
 そして、先週の台風被害も。
中には私みたいに病院で検査予約をしてた人もあっただろうし、出産直前の人もいたかもしれない。がんはもちろん、難病治療をしてる人、手術前の人もいたのかも。
10人いれば10人の、100人いれば100人の、そして、もちろん、それ以上の人達のそれぞれの生活とそれぞれの事情とそれぞれの予定があっただろう。
家族のこと、ペットのこと、仕事の事、学校の事。
 いろんなことを思えば思うほど、平穏な日々を過ごせるということはどれほど有り難いことなのか。
そういえば、「ありがとう」の源の言葉は「ありがたし」。人の力では出来ない事、成就しにくいことがなされた時、「有り得ない事」(が起きた)というので「ありがたし」と言った、というのをつい最近になって知りました。


e0325811_00174377.jpg

検査の前の日にいただいたお昼
後から出てきたお味噌汁の写真撮るのはうっかり

e0325811_00174334.jpg







[PR]
# by izumi_h23 | 2015-09-17 00:16 | 日常 | Comments(0)

今月末で閉店します

 今日、久しぶりに寄ったお肉屋さん。車を停めた正面に「今月末で閉店させていただきます」なんてな貼り紙にびっくり!
 焼売や、夏場は冷やしラーメンのセットが美味しく便利でたまに行くそのお店の存在を知ったのは同じ町内にあったのにも関わらず数年前。近所の奥さんが習い事をしてる教室の名簿作りを頼まれ、出来上がったら
「これはお礼。安かったから気にしないで」
となぜか鶏肉(笑)をいただいてから。
だけど、私ってば、安かった、てな言葉についぎょっとしちゃって、安いのは国産じゃないからってわけではないよね?、なんて思わず口走っちゃって。汗
そしたら、なんと、お店に確かめてくれたそうで「大丈夫、全部国産だって」ということで、それからたまにだけど自分も利用するようになった。っても、その近くにある郵便局に行くときや、銀行や農協に向かう際についでにちょっと回り道しての寄り道だから、本当にたまになんだけど。
 貼り紙には「50年間お世話になりました。諸般の事情で閉店することになりました」ってあって、事情はわからないけど、個人商店がなくなるのは本当に残念。
 50年も続いてたんだ、って思いながら、50年て私が3つの時からか、とも思う。
 何もかも、永遠に続くということは決してない中で、日本でというか、世界で一番古い企業は「金剛組」とう建設会社で578年創業だとか。今年は皇紀2675年だから2千年以上続いてるということになるわけだけど、それってどれだけすごいことなのか。
世界最古の我が国日本もすごいし(ちなみに中国の歴史は67年で、間違っても4千年なんてことはありませんね。ローマ帝国のあったイタリアだって150年ちょいですもんね)、紆余曲折を経て生き残るのは企業にしても個人商店にしてもどれだけ大変なことだろう。
 奥で作業しながらいつも必ず「ありがとうございます」と声をかけてくれるおじいさんは私が3つの時からここをずっと切り盛りしてきたんだろうか、お店で働いてる人は家族なのかな?、これから先、どうなるのかな、なんて思いながら、冷凍しとけばいいもんね、といつもより余計に買ってしまう。
今月末までにまた行けるだろうか。
 スーパーや大型のショッピングモールが出来るのは便利で有りがたいけど、誰しも必ず歳を取って身体がいうことをきかなくなれば、出かけていくのは難しい。安さや便利さに惹かれ、個人商店を支えられなくなることはいずれは自分に返ってくるのかも。


e0325811_22491440.jpg
涼しくなって日日草もそろそろ店じまい?
今月初めはこんなふうに咲いてくれてた紫色のは
今はもう終わってしまいました…


[PR]
# by izumi_h23 | 2015-09-15 22:48 | 日常 | Comments(0)


とあるアラフィフのグータラ日誌。 たまに部分切除して二カ月後に全摘、その一年後、自家再建した乳がんのこととかも。


by izumi_izumo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
日常
家族
お片づけ
乳房再建(腹直筋皮弁術)
乳房再建
乳がん 全摘
乳がん 温存⇒全摘
着物
乳がん
理容美容
記念日
伊勢神宮 お白石持ち行事
地域活動
め組の人
画像集

最新の記事

睫毛美容液その後と母屋の引っ越し
at 2015-11-08 22:18
近況
at 2015-10-11 00:54
術前診察
at 2015-09-20 01:52
生まれて初めての内視鏡検査
at 2015-09-17 00:16
今月末で閉店します
at 2015-09-15 22:48

最新のコメント

naoko1192様、こ..
by izumi_h23 at 00:03
新しいブログのご報告あり..
by naoko1192 at 20:13
タマリン様、こんばんは。..
by izumi_h23 at 21:55
こんばんは! 大筋はわ..
by ta-marines430 at 17:39
nousagi様、こんば..
by izumi_h23 at 23:15

記事ランキング

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

50代
ブログ

ブログパーツ

ファン

その他のジャンル